熟年離婚をする場合に気になるのが、年金ではないでしょうか? 以前であれば、自分の年金だけで暮らさないといけなかったので、離婚してしまうと専業主婦だった方は生活が難しくなることが多かったものです。 しかし、今は夫婦の年金を足して2で割った金額をお互い受け取ることができます。 そのため、女性が熟年離婚をしても、以前よりは生活がしやすくなりました。 ただ、だからといって、熟年離婚をした方がお得という訳ではありません。 なぜなら、離婚しない方が年金は多くもらえるからです。 離婚後と離婚前を比較すると、扶養手当の影響で離婚前の方が年金が多い場合が多いのです。 場合によっては同じ金額のこともありますが、一般的に離婚後の方が年金が少なくなると思ってください。 また、離婚後の年金が離婚前よりも多くなることはないということも、覚えておきましょう。 熟年離婚を考えるのであれば、必ず年金のことを考慮した上で、した方がいいのかしない方がいいのかを判断するようにしてください。